読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

忍者からニンジャマスタークラスへの道

新種の鮫に「Ninjya」忍者という名前が付けられたことを知っていますか?
f:id:rarasongjing:20160316144214p:plain
フカい話だわ、おジョーズ(上手)。
更にこの鮫が宇宙からきたゾンビなら完璧だった。
鮫!忍者!エイリアン!ゾンビ!
映画になるね。
今回は忍者について美女(みめい)が、忍れど色にでにけり書きます。

忍者になる方法

まず、麻のタネを庭に植えます。
タネから芽が出て段々と木に成長していく訳ですが、忍者になりたい貴方も成長していくんです。

毎日タネを植えた場所をジャンプ!
芽をジャンプ!
木になるまでジャンプをすることにより、木を跳び越すようなジャンプ力を手に入れることができます。

他に濡れた障子紙の上を歩いて足音を消すという修行もあります。
足音を消したい泥棒の皆様もこの修行をしているそうです。

次に、「みの」が必要です。
これは山に登って天狗を見付けて奪い取ることがオススメですね。
天狗の隠れみのを手に入れれば、ハリーポッターも真っ青の透明マント代わりになります。

忍者になるにはリバーシブルの服も必要。
世を忍ぶ仮の姿のサラリーマンスーツを裏返すことによって、忍者装束になるように特注して下さい。
f:id:rarasongjing:20160316144318j:plain

忍者の強さ

マスタークラスの忍者になれば、その強さは一個戦隊の上をいくと言われています。

小さな島国である日本がソコソコ強かったのはマスタークラス忍者のおかげです。
しかし忍者の修行は厳しく、マスタークラスまで登りつめる忍者は1握りしかいません。

第二次世界大戦においての敗北の原因は、マスタークラス忍者の不足からきたと言われています。
あと2、3人のマスタークラス忍者がいればアメリカに勝てたでしょう。

マスタークラス忍者は竹やりでB29を落とせたといわれていますから。

忍者を1人捕まえても安心はできません、影武者だからです。
影武者と分身の術を使えるマスタークラス忍者の実力は、一個戦隊どころか分身することで三個戦隊以上に化けます。

マスタークラスまではいきませんが、イチローが忍者の末裔だということは有名な話しですね。

日本が今戦争をしない理由はマスタークラス忍者が不足しているからです。

忍者の術

マスタークラス忍者になれば、その変装は完璧で家族にさえ気付かれません。
ほら、貴方の家族ももしかしたら忍者の変装かもしれませんよ。

忍者の飛び道具である手裏剣は音も無く遠くの敵を倒すことができます。
f:id:rarasongjing:20160316144343j:plain
忍者を縄で縛っても安心はできません。
忍者は口の中に針を仕込んでいますから、針が飛んできて倒されます。

火遁の術について書くと、昔は火打ち石を使っていましたが現代ではチャッカマンで素早く火がつくので益々あなどれない術になりました。
便利になりましたね。

水団の術もストローを使えばいいと言われ、忍者達のストローブームがきています。
竹筒は古いとジェネレーションギャップを感じる親方衆の間でストロー見直し会議がよく開かれています。

ダサいと噂の土トンの術にいたっては、マンホールに逃げ込む忍者が増えて問題になっています。
マンホールの術と名前が変わるかもしれません。

忍者の生活

忍者が1番恐れることは正体がバレること。
ツィッターやネットにおいて本名を書かない人がよくいますが、忍者だからです。

忍者は結束力も強く何人かで集まって行動をすることもあります。
あなたも聞いたことがありませんか?
「忍者は何人じゃ?」
これは忍者の隠語です。

忍者の丸薬、正露丸がある家庭には忍者が忍び込んでいます。

風車を見かけたら木の上の弥七を探しましょう。
天井裏に潜んでいるかもしれませんが。

忍者は身近に潜んでいるのです。
問題にならないのは、忍びきっているからです。

貴方の周りマクドナルドやスーパーなどでストローを大量に持って行く人はいませんか?
その人は足音がしますか?
たまに顔が変わっていませんか?
ざわちんは忍者の秘密をバラしているので、闇から闇に消えていくかもしれません。

まとめ

新種の鮫がマジに忍者にしか見えなくてビックリしました。
f:id:rarasongjing:20160316144249j:plain
発見した人が名前をつけたのですが、女性です。
ちょっと古いネタで2010年の話し。

話しは変わりますが、忍たま乱太郎のアニメに自動販売機が出てきたときもビックリしませんでした?

そういうことなんですよ。
忍たま乱太郎から自動販売機。
鮫から忍者。
思いもよらない展開ざます。


オホホホ


スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com
スポンサーリンク