読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

「惚れた女しか抱きたくないとい」う痺れるセリフ

女性を痺れさせる台詞っていくつかあると思うけれど、その中でも最上級の決めセリフなんじゃないかな、これ。
聞いていた女性陣が全員「カッコイイ」と頬を染めるレベルですよ。
このセリフをサラッと言える男性はモテると思う美女(みめい)です。
f:id:rarasongjing:20160717151845p:plain

理想の男性台詞

スポンサーリンク

■目次

 ▶異性から聞きたくないセリフ
 ▶異性から聞きたいセリフ
 ▶現実と理想と夢
 ▶まとめ
 

異性から聞きたくないセリフ

彼女がいない男性から、誰か紹介してと頼まれることがあります。
冗談半分、本気半分かな。

でも、好みってあるじゃないですか。
どんな女性がいいのか聞かないと分からない。

「どんな女性がいいの?」

これ。
これに対する返事で氏ね!と思うことがあります。

女性なら何でもいい

「何でもいいの?」

「何でもいい」


本当に何でもいいの?
マジに何でもいいの?

何でもいいと言うような男に紹介する女性はいないっ!

マジに氏ね!
ふざけんなーっ!
キーっ!
キーっ!キーっ!キーっ!

すみません、本当にそう言われたことが何度かあるので思い出したらイライラしてきました。

逆に彼氏が欲しいと言う女性はハッキリしています。

イケメンがいい。
金持ちがいい。
エリートがいい。

はい、これを聞く男性は、こんなこと言う女は氏ね!と思うことでしょう(笑)
けれど、女性は好みをちゃんと言っているわ。
そんな条件が良い男をホイホイ紹介されないと分かっていても。

あくまで理想よ。

男性も女性も聞きたくないセリフってあります。
では、どんなセリフを聞きたいのか。

スポンサーリンク


異性から聞きたいセリフ

私は女性なので女性の気持ちしか分からないのですが、簡単なことです。

特別感があるセリフです。
当たり前のように特別感があるセリフを吐ける男性って素敵だと思う。

ちょっとしたお喋りをしていた時、彼女がいないと言う男性がいて、皆で恋愛について話す雰囲気になりました。

男性も数人いて、「彼女がいないと寂しい」と話し始めます。
「彼女がいないと困る」
「彼女とデートしたい」
「ぬくもりが欲しい」

成程。
理屈では分かるんだけど、ぬくもりが欲しいと言う男性に「気持ちは?」と聞きたくなる。

そんな場面で、彼女がいない男性の1人がサラッと呟いたの。

「俺は惚れた女性しか抱きたくない」

一瞬の沈黙の後、女性陣から歓声。

キャーっ!

カッコイイっ!
f:id:rarasongjing:20160717151928p:plain
テレレッテレー!
その男性のレベルが上がった!
女性が殆ど仲間に加わった!

「惚れた女性しか抱きたくない」というのは、惚れた女性だけの特別感。
「君だけ」という特別感。

普通に当たり前のセリフなのに、何故こんなにカッコイイと言われるのか?

その時の現場にいた他の男性が固まっていたのが理由でしょうか(笑)

本音と建前と夢

現実を見ると、「惚れた女性だけ」というのは難しいんでしょうね。

こっちが惚れていても、向こうはどうなの?ということでもあります。
実際は、惚れた人とだけというのが理想。
男性も女性もそう。

しかし、現実は厳しい。
厳しいけど、あえて理想をキッパリ語れる人が魅力的なんですよ。

例えば元彼女の悪口を言っている男性がいたとして、「付き合ったことがある女性の悪口は言わない」という理想。

付き合った女性だけの特別感。
それに、そう宣言できる男性なら他の悪口も言わないだろうと思える安心感。

「惚れた女性だけ」も同じ。
浮気をしないと思える安心感があります。

理想プラス安心感。
それは夢。
夢なら醒めないで。

「君のためならどんなことでもするよ。
崖ぷちにある花1輪だって取りに行く」

それは少女漫画のセリフのように痺れるセリフ。
更にイケメンでお金持ちで頭がいい男性ならっ!
(笑)

花男道明寺司を理想にあげる女性の多いことから、痺れるセリフの決定版は「惚れた女性だけしか抱きたくない」

まとめ

好みは人それぞれですからね、なかにはプレイボーイが好きな女性もいます。

母性本能が強い女性なら、「甘えたい」という男性でもOKかもしれません。

私は「甘えたい」なんて言われた日には「甘えているんじゃないっ!」と一喝しますが・・・・・・

とりあえず、女性への痺れるセリフが何か分かりましたか?
使ってみて。
多分、聞いた女性からは「カッコイイ」「キャー」と言われます。

ちなみに、例外有りです。



オホホホ


花より男子の次の漫画!
[asin:B01HXOKKU0:detail]
スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com