美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

「浮気をしていい」と言うと「出来てる奥さんだね」と男性から褒められるんだけど

「素晴らしい奥さんだね」
主人の友達から何度も言われたことがあります。
それは男の人からのみですが。

別に容姿や性格や料理を褒められている訳じゃないのが笑えます。

ただ、主人に「浮気OK」だと言っているだけ。
それだけで主人の男友達の殆どが、羨ましそうな顔をする。

男とはそんなに浮気をしたいものなのかっ!

主人は「浮気OK」だと言われていることが自慢らしいの。
これは女性には理解できない心理です。

何故、私は浮気を許せるのか?
さて、美女(みめい)の夫は浮気をしまくっているのか?

浮気

スポンサーリンク

■目次

 ▶浮気OK
 ▶浮気を許せない女性
 ▶決して言ってはならないこと
 ▶まとめ
 

浮気OK


多分、私は男女間における「嫉妬」という感情が欠落しているのでしょう。
計算でも、冗談で言っている訳でもありません。


昔から付き合う男性には「浮気OK」と宣言をしていました。

主人にも結婚する前から「浮気をしたいなら、どうぞ」と言っていましたから。


私と付き合っていながら、他の女性を好きになることもあるでしょうし、気になる女性が現れることもあるでしょう。
それなら無理して付き合わなくてもいいし、ちょっとしたつまみ食いなら、それも全然気にならない。

人としておかしいのかも。

友達に「彼氏が浮気している!」と相談されても、いつも不思議だと思っていました。
別に気にしなければいいのにと思っていた。

私の答えはいつも同じ。

「浮気されるのが嫌なら別れれば?」

だいたい「別れたくない」という返事が返ってきます。
そして相手の女の悪口ね。


浮気に悩む女性達は悲しみに打ちひしがれ、時には怒り、時には混乱し、とても困っている様子。
中には「浮気の証拠を見付けたい!」と言って、一緒に彼氏を尾行して欲しいと私に頼んできた人もいました。

私の周りの女性友達で、彼氏や夫の浮気が原因で自分から別れた人は殆どいません。
だいたいがフラれているパターンなんですよ。

これは不思議!

浮気をされた方が損をするのですから不思議。
なんで?


浮気を許せない女性


夫が帰宅したら、頭の先から足のつま先まで匂いを嗅ぐと言っていた女性がいました。
それは主人の友達の奥さん。

とても綺麗な女性で、ご主人もなかなかのイケメンで、おまけに小金持ち夫婦。
幸せそうに見えていました。

ちょっとしたお喋りから、その奥さんからよく電話がかかってくるようになったの。
たまにかかってきて、いつの日からか週に1回、3日に1回から毎日かかってくるように!

段々と頻度が増してきた理由はこれ。


夫が浮気をしている!
スマホに女からの伝言メッセージが残っていた!

f:id:rarasongjing:20170706114253j:plain


まだ確たる証拠がない頃から彼女は半狂乱気味でした。
「後で電話をください」
そんな女性の伝言メッセージが夫のスマホに残っていたそうな。


夫のスマホを内緒でチェックする妻。
彼女は様々な妄想をし出しました。


あんな変な声の女は頭がおかしいに違いない!
既婚者に伝言メッセージを残すなんて、妻への挑戦に違いない!
妻である自分への「電話をして」とのアピールに違いない!
着信履歴から女の電話番号はメモした!


これには困りました。
主人に相談しても「相手にするな」と言うばかり。

彼女は一通り話すと満足するのか、私が黙って聞いているだけなのが物足りないのか、30分位で電話を切ります。

ある日、彼女はその留守番電話の女性に無言電話をしてやったと意気揚々と電話をしてきました。


はぁ。



モシモシ?なんて言うのよ。
私が無言でいたら電話を切ったの

f:id:rarasongjing:20170706114253j:plain



そりゃそうでしょう。



私からの電話だと分かったはず

f:id:rarasongjing:20170706114253j:plain



そうかなぁ。


彼女からの電話に困っていた時、たまたま偶然に当のご主人とうちの主人が飲みに行くことになったのです。

私は参加させてもらうことにしました。

久しぶりに会うそのご主人は、昔と変わらない様子。
「浮気してるの?」ともなかなか聞けない。

普通に仕事の話をしたりしながら楽しそうに飲む男2人。
男の人って、仕事の話ばかり。

隙をみて「奥さんは元気?」と聞いてみました。



元気だよー

f:id:rarasongjing:20170706190147j:plain



明るく言う彼に悩み事は無さそう。
だけど一応聞いてみました。

「前に、奥さんが浮気の心配をしていたよ」

冗談ぽく、他意が無さそうに聞いてみました。
彼は手を振るとニッコリ。


あいつは昔から嫉妬深いんだよ。
あんまり浮気を疑われると疲れるよ。
仕事が忙しくてそれどころじゃないのに

f:id:rarasongjing:20170706190147j:plain



ああ、そうなんだ。

成程。
この様子だと旦那さんに問題は無さそう。
まだ小さなお子さんが2人いるし、家庭を壊すはずが無いわ。


私はそう思って安心していたの。
心配しても、夫婦のことは他人には分からないし。


しかし、彼女の行動はエスカレートしていったのです。


浮気をしているに違いない!


ご主人が帰宅をすれば、頭の先から足のつま先までの匂いを嗅いでチェック。
「浮気をしていない?」と詰問。
ご主人がお風呂に入っている隙にスマホのチェック。

怪しいと思えば何もかもが怪しく見えるらしい。


ある日は彼の髪が濡れていたから浮気をしてきたと騒ぎ(小雨のせい)、ある日は些細な口喧嘩から浮気相手と一緒になりたいので自分と喧嘩別れをしようとしていると泣きながら電話をしてきました。


妄想乙!
そう言いたくなりながら話を聞いていました。


けれどこの後、私は彼女が歪んだ嫉妬を生む原因を知ることになります。
彼女には、とても悲しく衝撃的な理由があったのです。


決して言ってはならないこと


夫婦生活において大事なことの1つに夜の生活も含まれます。

彼女が2人目の子供を生んでしばらくしてからの夜、彼は言ってはならないことを言ったのです。


泳いでいるみたいだ

f:id:rarasongjing:20170706190147j:plain



これは酷いっ!


*注(泳いでいるみたいだ。これはブカブカという意味。太平洋にゴボウのような)


バッカじゃないの?
お前が小さいんだ!


そんなことを言える性格なら彼女の心は歪まなかったはず。

私は彼が大嫌いになりました。
主人の友達だって知ったこっちゃないわ。


そのセリフにどれだけ彼女が傷付いたことか。
そんなことを言う男となんか別れればいいと安易にアドバイスなんかできないのも辛いところ。

私には何の責任もとれないから。
また、私にも生活があるから彼女にばっかり構ってもいられないから。

彼女の名誉にかけて、こんな話は主人にも相談ができない。
ただただ、可哀想だし彼を許せないと思いました。


私には何もできなくて、彼女からの電話も次第に減っていった頃、主人から彼が本当に女を作って出て行ったらしいと聞きました。

彼は毎日浮気を問い詰められるのにうんざりして出て行ったと言っていたらしい。


私があんな男とは別れてもいいと思っても、彼女は彼を愛していたんです。


最後にかかってきた彼女からの電話は宗教の勧誘電話でした。

私は断りました。
一応止めたのですが、彼女は夫を取り戻すためには神様に祈るしかないと言ってきかなかった。


藁にもすがりたくなる気持ちは分かるけど、切ない。
多分彼女は私以外の親しい人には相談をしていなかったと思う。


私という存在は、あまり仲良しともいえない間柄だったからこそ細かいことまで話せる存在でした。
だから彼女は、普通は恥ずかしくて言えないことまで話したのでしょう。


主人とその彼も、以前よりは飲みに行ってないようです。
私は主人が誰とどこに飲みに行っているのか聞かないので、よく分かりませんが。


そういえば、あの彼にも「素晴らしい奥さんだね」と言われたことがありました。
彼女が嫉妬深くなくても、機会があれば浮気をしていたかもね。


もう今から5年以上前の話。
離婚したのかどうかも分かりません。


まとめ


それで、浮気OKと許可されているうちの主人のことなのですが、これまた不思議で浮気をしません(笑)

してもいいのに。
朝帰りをしたことも殆どなく、毎日帰ってきます。

誰かが「浮気OK」と言われれば逆にしなくなるもんだよ、なんて言っていましたが、そんな理由なのかな?
人によりますね。

「バレないなら浮気してもいい」と言う奥さんもいるでしょ?
もしくは「仕事とアッチは家庭に持ち込まないで」と言う奥さん。


私は人としての大事な感情が無いので、主人が外に女でも作って、うちには週に半分くらい帰ってくるような生活もいいと思っています。

下手に子供でも作られたら厄介だとも思うけど、それも男の器量だと思ってしまう。

あ、器量が無いと浮気できませんね。
器量が無い人は浮気するには早い!

いやいや、浮気は世間一般的にはダメらしいです。
ただ悩み過ぎるのもダメ。

男女の仲って難しいし、ルールはあっても答えはないかも。


オホホホホ


rarasongjing.hatenablog.com

スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com