美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

【アニメ・マンガ 】ハラハラする心理戦や頭脳戦が面白い漫画ランキング

喧嘩が強いだけじゃダメ、頭がいいだけじゃダメ、心理戦に勝つために必要なのは洞察と情報力と人間関係だったりする。
だから面白い。


小説なら伏線。


こういう事だったのかーっ!


慌ててページを戻して読み返すのも楽しい。
ビックリする展開に目からウロコが落ちそうになる場面、読者には嬉しい裏切りです。


敵に勝つための騙し合い、ポーカーフェイス、情報操作は手に汗を握ります。
激しいバトル漫画より熱くなるから凄いっ!


最近読んだ漫画なら「約束のネバーランド」がイチオシ。
はたしてランキングでは何位でしょ?


心理戦マンガのランキングを個人的につけてみました。
f:id:rarasongjing:20180602123720g:plain

心理戦マンガ

スポンサーリンク

1位から10位


上位はどれも1位でいいかも。
人気マンガばかりなので、ニワカっぽいランキングになりました。
ニワカが選んだランキングとして参考にして下さい。
心理戦につぐ心理戦。




1位 ONE OUTS甲斐谷忍



f:id:rarasongjing:20180530155748p:plain
ONE OUTSより




120㌔のストレートだけで勝つピッチャーが主役の野球マンガ
単純な設定。
どうやってこれで勝つのか?
もうね、すっごい心理戦です。
野球ルールの盲点、天候まで頭に入れての試合が素晴らしい。

ライヤーゲームの作者のマンガですが、心理戦ならこちらの方が上。
読みながら「凄いっ!」声が出ちゃいますよ。










2位 銀と金(福本伸行)



f:id:rarasongjing:20180530164350p:plain
銀と金より




福本マンガの殆どが心理戦マンガですが、これは最高傑作の騙し合いがいくつも。
青天井のポーカーで10億円しか持っていない森田が20億円持っている西条に勝つシーンは、驚きを通り越しました。


連載中に雑誌が廃刊になって終了、ラストがパチンコ台に描かれたというのも面白いわ。









3位 HUNTER×HUNTER(冨樫義博)



f:id:rarasongjing:20180530165240j:plain
HUNTER × HUNTERより




作者は天才ですね。
どのバトルが1番かなんて選べない面白さ。
グリードアイランド編は高レベルな心理戦だらけ。
巧みな頭脳戦なら選挙編のパリストンの頭の良さに脱帽です。
まだまだ楽しみなマンガ。








4位 嘘喰い(迫稔雄)









命懸けのブラフがたまらない。
ギャンブル漫画の中で、1番多彩なギャンブルを魅せてくれます。
ギャンブルのルールを知らなくても夢中で読めるし、40巻を過ぎてからがピークという恐ろしいマンガ。
エアポーカー戦は何回読んでも面白いっ!








5位 ジョジョの奇妙な冒険 (荒木 飛呂彦)



f:id:rarasongjing:20180601015742p:plain
ジョジョの奇妙な冒険より




バトルにつぐバトルで息付く暇もないジョジョのシリーズは、高度な心理戦も沢山。
私は「ダイアモンドは砕けない編」が好きなのですが、岸辺露伴が背中にとりついたスタンド(チープ・トリック)を倒すシーンに鳥肌がたちました。
圧巻の心理戦、頭脳戦だらけです。







6位 DEATH NOTE(原作……大場つぐみ 作画……小畑健)



f:id:rarasongjing:20180601015819j:plain
DEATHNOTEより




日本中を湧かせましたからランクイン。
ライトが記憶を取り戻すシーンは凄かったわ。


ラストでデスノートを一晩で書き写したジョバンニの設定が残念。







7位 約束のネバーランド(原作……白井カイウ 作画……出水ぽすか)



f:id:rarasongjing:20180601015853j:plain
約束のネバーランドより




農場を脱出するまで、ずーっと心理戦です。
息苦しくなってくる程の緊張感がたまらないっ!
見事な展開に感動する面白さ。
農場を脱出してからは心理戦が消えたけど、まだまだ戦いが続きそう。
楽しみですね。







8位 王様達のヴァイキング(さだやす)



f:id:rarasongjing:20180530212113j:plain
王様達のヴァイキングより




スケールがデカい頭脳戦漫画です。
ハッカーVSクラッカー
専門知識が無くても大迫力の疾走感溢れる頭脳戦を楽しめます。
主人公がコミュニケーションが苦手という設定も面白い。







9位 哲也(原作……さいふうめい 作画……星野泰視)



f:id:rarasongjing:20180601010720j:plain
哲也より




実話を元にした麻雀漫画の極み。
勝つためにはイカサマも厭わない、麻雀に全てを賭ける心理戦が熱い。
背景の時代が古いけど、容赦ない人間模様は現代でもゾッとさせてくれます。







10位 ゴルゴ13(さいとう・たかを)



f:id:rarasongjing:20180601013855j:plain
ゴルゴ13より



もはや日本で知らない人はいない漫画。
狙撃やナイフや格闘だけじゃなく、心理戦や頭脳戦でも一流のゴルゴ13
ただのライターを爆弾だと言い張って逃げ延びるシーンなんか見事でした(何巻だったか忘れたけど)。






11位から20位


ここからは作者が被ります。
福本伸行センセイの漫画がいくつも登場しますけど、全てが素晴らしい。



11位 カイジ(福本伸行)


エスポワールのジャンケンから飛ばしまくりの心理戦でしたね。
裏切られても諦めずに活路を見つけ出すカイジは、土壇場ではアカギを凌ぐ閃きを生み出します。











12位 天(福本伸行)




東西戦の月明かりによってイカサマを見破るシーンが素晴らしいとネットで話題になりました。
イカサマを知りながら、それを利用して勝つドラマの迫力が半端ない。
東西戦は心理戦と頭脳戦、強者だらけの戦いから目が離せなくなることうけあい。
アカギの最期が読める漫画でもあります。









13位 ライヤーゲーム(甲斐谷忍




天才詐欺師をも凌駕する騙し合いバトルマンガ。
面白いゲームが沢山出てきます。
裏の裏の裏を読まないと勝てない心理戦にハラハラ。









14位 アカギ(福本伸行)




天才ギャンブラーアカギの信念はいかなる勝負でも揺るぎない。
引きの強さもありますが、心理戦勝負も秀逸。
鷲巣麻雀は長かったー。









15位 クロサギ(原作……夏原武 作画……黒丸)




詐欺VS詐欺
詐欺師を騙すクロサギの鮮やかな手口に爽快感。
騙されるフリをしながら騙す駆け引きが面白い。









16位 今際の国のアリス(麻生羽呂)




デストピアもの。
ゲームに負ければ即死。
緊張感にゾクゾク、心理戦勝負の意外な展開に読者は目が離せなくなることうけあい。









17位 出会って5秒でバトル(原作……はらわたさいぞう 作画……みやこかしわ )




出会って5秒でバトルをするのは最初だけですが、タイトルが面白いですよね。
能力バトル漫画ですが、主人公の能力が「相手があなたの能力だと思った能力」。
駆け引きの心理戦に夢中になれる漫画。









18位 ワールドトリガー(葦原大介 )




SFアクション漫画。
徹夜で読みたくなる位のスピード感。
不利な状況からなんとか機転を利かせて生き残ろうとする頭脳戦が熱い。









19位 バトルロワイヤル(原作……高見広春 作画……大西実生子、小熊陽平 )


f:id:rarasongjing:20180601192103j:plain



残酷な描写が際どいデスバトル漫画。
必死の心理戦バトルもいくつかあり、ギリギリの攻防に絶望感が半端ないです。
悲しんでいる暇もない戦い。









20位 銀河英雄伝説(原作……田中芳樹 作画……藤崎竜 )




SF英雄伝説漫画。
銀河帝国には“常勝の天才”と呼ばれるラインハルトと自由惑星同盟の“不敗の魔術師”と呼ばれるヤン・ウェンリー
この2人の知略バトルが秀逸。






スポンサーリンク




21位から30位



21位 トモダチゲーム(原作……佐藤友生 作画……山口ミコト )




友情かお金か?心理サスペンス漫画。
友達に裏切られる、友達を裏切る、その心理戦は消耗戦になっていく。
主人公の酷さが面白いです。









22位 賭ケグルイ(原作……河本ほむら 作画……尚村透 )




ギャンブルによって生徒が格付けされる学園ギャンブル漫画。
絵が独特のギャンブルエクスタシーな雰囲気を出しています。
確かに心理戦もありますが、運が大きい。
人気マンガですが心理戦は弱いかな。









23位 アクマゲーム(原作……メーブ 作画……恵広史 )




悪魔を使った能力バトルギャンブルゲーム漫画。
クオリティが高い頭脳戦が激アツ。
飽きることなく読める頭脳戦や心理戦が面白いっ!
バトルものですが、心理戦がメイン。








24位 かぐや様は告らせたい(赤坂アカ )




ブコメ
苦手だと言う人も騙されたと思って1度読んでみると、意外にハマる恋愛心理戦。
天才2人がお互いに告らせようとする展開にハラハラしてきます。











25位 奴隷区 僕と23人の奴隷(原作……オオイシヒロト 作画……岡田伸一 )




勝負に負けると、勝った人の奴隷になってしまう。
頭のいい人が数人登場するので心理戦もいくつか。
最初は面白いです。
後半は微妙かな。









26位 賭博覇王伝 零(福本伸行 )




頭脳戦漫画ですね。
やはり最初だけは面白い。
零が頭が良くてカッコイイから後半が残念。










27位 BTOOOM!(井上淳哉 )




ボンバーデスゲーム漫画。
また孤島でのデスゲームかと食傷気味になってしまう設定ですが、絵が高評価。
つまらなくは無いかな。









28位 BLOODY MONDAY(恵広史 龍門諒 )




天才ハッカーVSテロ組織
心理戦漫画ですが、裏切りがあり過ぎて「またか!」と思ってしまう。
勢いがあるストーリーだし、トリックが凄い!










29位 幽遊白書(冨樫義博 )




心理戦漫画ではないですが、心理バトルと頭脳バトルが散らばっています。
蔵馬の50音が消えていく頭脳バトルは、ジワジワと相手を苦しませていく感じが見事。








30位 ジョーカーゲーム(原作……柳広司 作画……仁藤すばる )




日本の昭和12年頃からを描いたスパイ漫画。
なんといっても原作が素晴らしい!
華麗に騙すテクニックに唸れ!
1つのストーリーごとに「見抜けるか?」という感じの謎解きがあります。


アニメも良かった。



youtu.be





まとめ


ランキングは私個人の考えで作ったものです。
でも、人気があるから入れたものもあります。
好みはそれぞれですからね。


書いていたらまたHUNTER × HUNTERやジョジョを読み返したくなりました。


1回読んだらもうトリックを知っているから読みたいと思えない心理戦漫画もあるんですよねー。
あんなにハラハラ読んだけど「もういいや」みたいな。


何度でも読み返したくなる心理戦漫画って少ないです。
貴重。
上位はどれも何度も読みたくなる漫画を選んだつもりです。


ああ、久しぶりにゴルゴ13も読みたいなー。
寝られなくなりますね。


おほほほほ


rarasongjing.hatenablog.com

スポンサーリンク