美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

今まで付き合った1番金持ちだった男はどんな人だったかというガールズトーク

付き合う男性の魅力の1つが金持ち度。
男性からしたら「金目当てかよ」と突っ込まれそうですが、ガールズトークに突っ込みをするのは無粋でございます。

男が酔って「いい女とやりたい、巨乳の女と付き合いたい」と言うのと同レベルと考えてください。

「女ってくだらない会話してるよな」をそっくりそのままお返ししますわ。

ガールズトークは男性には聞かせたくない話をしているの。
これが楽しいっ!
めっちゃ楽しい(笑)ぶっちゃけトーク

自慢話を話したい女性と、聞きたい女性達。
彼氏に貰ったプレゼントの話、彼氏が乗っている車の話、彼氏の金持ち度はまるで自分の手柄。

いくら金持ちで財産があっても、ケチはカウントされません。
自分にどれだけ使ってくれたかが手柄です。

面白い手柄話をキャーキャー言いながらお喋りするのが大好きな美女(みめい)です。
女性同士の会話はエグいから、まだ女性に慣れていない男の子はここでUターンをしてください。
f:id:rarasongjing:20170722032355j:plain

ガールズトーク

スポンサーリンク

■目次

 ▶レアな女性
 ▶付き合った金持ち男
 ▶お金の貰い方
 ▶まとめ
 

レアな女性


私の友達には元モデルが数人います。
だからかな、かなり濃い話が聞けるのですよ。
グラドル系やスレンダー系やミスコンあがり。


彼女達はモテまくりですが、華やかな生活とは裏腹に貧乏だったりします。
みんなそこまで売れていなかったモデルだったから。

体型を維持するのにも、服にも、知識にもお金をかけているの。

見栄っ張りのせいもあるかな。


借金だらけの女性もいます。
けれど、そんなに悩んでいないのですよ。
イザ!となれば、スポンサーと付き合えばいいと思っているから。


スポンサーが見付からなければ、水商売や風俗に行けばいいと思っている。
実際に短期間、ふうドル(風俗アイドル)になった女性もいました。


スポーツ新聞の真ん中に、よく風俗の女性が全身ドーン!と載っているアレ。
顔丸出しですから普通の女性はやらないでしょうね。


キモの座った女性じゃなきゃできない、ふうドル。
しかし、利点もあるそうです。


ふうドルになると、お客様にサービスなんて殆どしなくていいとか。


そうなの?


お客様はカタログを持って入場。
店内は暗いので、ペンライトでカタログを照らす。
ヴィトンやシャネルのカタログの中から欲しいものを指さす、ふうドル。


お客様は、次回の来店でそのプレゼントを持ってきてくれるそうです。
「ありがとう」とニッコリしてお喋りぺちゃくちゃ。


サービス無し。
マジ?


いくら友達でも、こんな裏話をあけすけに話す女性はいません。
風俗に勤めていた過去は普通、秘密にします。


恥ずかしい話も過去も何でも話しちゃう女性はレア。
そう、この女性こそトークの女王様。


この女性が付き合った金持ちの男の話がぶっ飛び過ぎていて、何度聞いても面白いの。
久しぶりに思い出したので、許可を貰って書くことにしました。


付き合った金持ち男


今まで付き合った男で1番の金持ちはどんな人だった?


ガールズトークでそんな話になったとき、ポルシェに乗っていたとか、ダイアモンドの指輪を貰ったとか、自社ビルを持っている彼氏がいたとかワイワイガヤガヤ。


そんなトークを一瞬で吹き飛ばしてくれたのは、例のレアな女性。


「本当の金持ちは財布が本なんだよ」

「本当の金持ちは運転手付きの車じゃなくタクシーを使う」

「本当の金持ちはお釣りは全部寄付する」


ん?


どうも私達の金持ちと彼女の言う金持ちがズレている気がします。


本当の金持ちって何?


彼女は本当の金持ちと付き合っていたそうです。
その男性の職業は弁護士。
見た目は大和田獏に似ていて、身のこなしもスマートで紳士だったと教えてくれました。


その獏さんが彼女に使うお金が半端ない。


元グラドルですから、彼女は容姿端麗のGカップ。
オマケに明るくて裏表がなく、あっけらかんと何でも話しちゃう性格。
これで頭もいいから不思議ちゃんです。
魅力的なんですよ。


ふうドルからキャバクラに移っていた彼女。
その容姿とトークでナンバーワンでした。
私が男だったら、やはり彼女を指名する!


そのお店のVIPルームに毎日来るのが獏さん。
そのお店のフルーツが不味いと言って、毎日千疋屋のメロンや果物を持って来店。


来る度にお会計とは別に彼女に10万円のチップ。
席に着いたホステスやボーイにも万札をバラ撒く派手さ。


「あなたは凄いお客様を持っている!」


彼女は店長や先輩ホステス達から一目も二目もおかれる立場でした。


獏さんと買い物に行けば、ブティックや靴屋で「ここからここまで」と店の一角を買い占める。
持てない分はキャバクラのお店に送ってもらい、そのままお店の貸服や貸靴に。


どこに行くにも移動はタクシー。
全て万札で払い、お釣りは一切貰わない。


全てキャッシュでの支払いだから、財布は500万円入るやつ。本のようなものを使っていた。
これです、彼女が財布は本と言っていたのは!



お金の貰い方


毎日10万円を貰っているのに、彼女は他にもお金を貰う方法を思い付いたのです。


「ガム買って」


獏さんは一万円札しか出さない男性。
彼女がちょっとコンビニでガムを買ってくると、お釣りを受け取らない。


コンビニや売店で何回もガムを買って貰って、お釣りをゲット!


これがとても楽しかったと言っていました。


でも、獏さんにガムじゃなく、お釣りを欲しがっていることを気付かれてしまったのです。


「お金が欲しいなら言いなよ」


これで彼女の楽しみが無くなってしまいました。
ただお金を貰うだけじゃ面白くない。
ガムを買ったお釣りを貰うことが、知恵を使って稼いでいるようで楽しかったのですね。


そして、お店に行けばお給料の他に毎日10万円が貰えるのですから、彼女の金銭感覚はおかしくなっていきます。


家にシェフを呼んでパーティーをしたり、ちょっと買い物に香港に行ったり。
ちっとも貯金が貯まりません。


ここで獏さんからもっと大きくお金を貰いたくなったのです。


うまいこと言って、彼女はマンションを買って貰いました。
1億しないくらい。
税金も家具も引越し代も何もかも出してくれたそうです。


マンションを手に入れましたが、大金が欲しい彼女。
貰って1ヶ月で売ることに!


その手続きも全て獏さんがしてくれたというから凄いわ。


見事に手に入れた数千万円。
その時の彼女はまだ23歳。
ちなみにバブルの頃の話じゃないです。
もっと後の不景気になってからの話ですよ、ほんの数年前。


本当の金持ちだわ、その人。
金離れが良過ぎる。
世の中には獏さんより金持ちが沢山いるでしょうけど、ただのホステスにこれだけ貢ぐ男性はなかなかいないでしょ。


勿論そういう関係ではあったけどね。


まとめ


数千万円の現金を彼女がどうしたか?


すぐにラスベガスに行き、その後は男に貢いで半年でスッカラカンになったそうでございます。
泡銭ってそんなもの。


獏さんも新しい彼女ができて、さよなら。
貢いだ男ともさよなら。


「やりたい事はみんなやったから、もういい」


彼女はそう言ってコンビニに働き始めました。
本当にジェットコースターのような彼女です。


今はエンジニアの男性と結婚して幸せに暮らしているんですよ。
ご主人とは何度か会っていますが、超真面目で純粋な男性です。


彼女の過去を聞いても「可哀想に」と言って「僕が君を守るよ」と。
こんな男性がいるんだ!とビックリしました。



現金を使うのではなく、心の金持ち度なら彼女の旦那様がランクインするのは間違いないわ。


こういう男性と結婚できたのも彼女が魅力的だからだと思います。
彼女の話は、いつまでも聞いていたくなる程のぶっ飛び方だし。


お金持ちについて書きましたが、お金持ちの男性が全て素敵という話ではありません。
お金は所詮付属品です。


「俺は金持ってるぞ!」と威張る男性も嫌。


オホホホホ


rarasongjing.hatenablog.com

スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com