読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

食べると命に危険がある食べ物で打線を組んでみた

打線

本当は人類を〇ろす食べ物打線というタイトルにしたかったけど、「こ〇す」という表現がまずいような気がして。
命懸けの食べ物打線を美女(みめい)の一存で組んでみました。
身近な食べ物にしたの。
貴方も食べたことがあるものが沢山!
f:id:rarasongjing:20160709162206p:plain

命を懸けて食べる食べ物

スポンサーリンク

■目次

 ▶命懸け4番
 ▶食べると命を落とす危険がある食物打線
 ▶危険な食べ物と飲み物
 ▶まとめ
 

命懸け4番

4番は日本のエースにしましたよ(笑)
毎年何人もの死者を出し、1月のニュースの真っ先に出てくる危険な食べ物。

日本だけなんじゃないか?
そう思う人も沢山いると思いますが、アメリカ人なんか油断して食べちゃいそうでしょ。

4番にはやはり大物を置きたいです。
日本人として。

では、その他の打線を見てみましょう。

食べると命を落とす危険がある食物打線

1(二) 魚〈フグもこの中〉
2(遊) キノコ
3(中) 野草
4(三) 餅〈日本のエース〉
5(一) 生肉〈アメリカのエース〉
6(左) 貝
7(右) 種
8(捕) イギリス料理〈イギリスのエース〉
9(投) コンニャクゼリー

補欠に塩
f:id:rarasongjing:20160709162230p:plain
1番の魚は、あしが速いからです。
キノコはテクニカル派ですから2番がふさわしいですよね。
野草は、言わずもがな。
毒がある草が沢山ありますから。

主砲の餅は毎年その力を見せては、正月早々の悲しい事件として威力を発揮していますね。

アメリカのエースである生肉、それは大腸菌の恐ろしさを教えてくれます。
ユッケも仲間に入ります。

貝も分かりますよね、牡蠣でアタった人の話などは誰もが1度は身近で聞いているはずです。
毒を含む貝は沢山あるし。

それでは7番の種について解説をします。
有名なところではサクランボやリンゴや桃の種。
微量ですが青酸性の毒が含まれています。
種を割って食べたりすると危険度が増し、大量に摂取をすれば命が危険!
アーモンドも種ですが、同じように青酸毒を含んでいます。
まぁ、体重と同じ位の大量摂取をした場合の話。

いよいよ8番の解説(笑)
ほら、不味いものを食べるとストレスが溜まって病気になるでしょ?
世界一食べ物が不味いと言われているイギリス料理!
イギリスで1番美味しい食べ物屋はマクドナルドだというジョークまであります。

が、私はイギリスに行ったことが無いので分かりません。
実はそこまで不味く無いという噂も聞いたことがあります。
そこで昨日イギリスに留学していた友達に電話をして聞いてみました。

私「イギリスって美味しいものある?」

友達「マクドナルドかな」


8番はイギリス料理に決定!

9番コンニャクゼリーは小さな子供やお年寄りが食べると危ないですね。
充分に注意して下さい。

補欠の塩は茶碗1杯食べると死にますから、やはり気を付けて下さい(笑)

危険な食べ物と飲み物

サヤインゲンを生で食べると危険だとか知っていました?

サヤインゲンなど豆類全般に含まれるレクチンの一種フィトヘマグルチニン(PHA)に毒性があって、嘔吐や下痢などの症状を引き起こすのです。
10分以上茹でないと危険な食べ物だった!

身近に危険な食べ物がわりとあるんですね。

本当は飲み物でも打線を組もうとしていたの。
危険な飲み物、4番はで間違いない!

1番は酒2番は醤油とか考えて、コーラが頭に浮かんだらジュースは全部なんじゃないかと思って。
エナジードリンクや健康飲料、スポーツ飲料を考えたら頭がBanしたので却下。

打線シリーズはあまり種類が多いもので組むのは難しいわ。


スポンサーリンク


まとめ

人間をコロす食べ物で打線を組んでみた!
タイトル的にはこっちの方がしっくりくるー。
いや、仕方が無い。
Google様のことを考えると危ないタイトルには出来ない。

餅が4番にいることから、半分がジョークだと理解して頂ければ幸いです。
イギリスにもきっと美味しい料理が沢山あることでしょう。
多分ね。

以前に書いた打線記事ですが、カタ屋が打線に入っていないという苦情(?)が沢山きました。
これ↓
rarasongjing.hatenablog.com


両さんの漫画にもカタ屋って沢山出てくるんですが、私は祭りでカタ屋を見たことが無いんですよ。
あれから会社の友達にも聞いたけど、カタ屋は名前しか知らない人ばかり。
今でもメジャーなんでしょうか?

打線シリーズは書いていても楽しいのでまたやります。
もう次のシリーズも考えてあるの。
いつ書くかは不明ですが。
いつかね。


オホホホ



スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com