読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

はてブストーカー物語

ブログ

はてブ」が沢山ついた記事は注文の的。
はてブ」がつくと嬉しいですよね。
だけど好意的な「はてブ」ばかりではありません。
ムッ!とする「はてブ」を頂いたことがありませんか?
ムッ!とした「はてブ」がついた時、貴方ならどうする?
美女(みめい)もついにムッ!体験をしてしまいました。
f:id:rarasongjing:20160410043105j:plain

はてブとは何か?

はてなのサービスの1つ。
ソーシャルブックマークのことです。

記事の感想や意見を書けたり、ツィッターに飛ばすことが出来たりする仕組み。
意見を書かなくてもポチッとすれば、読みたいという意思表示だったり気になる記事ということ。

はてブが沢山付いていれば、人気がある記事だと思われます。
はてブがの数によって拡散したりするし。

人気のバロメーターともいえるかな。

だけど、必ずしもPVと比例したり良い記事だということは無いです。
私のブログにしても、はてブが沢山ある記事より多くアクセスが集まった記事がありますから。

炎上している記事にも「はてブ」が沢山付いていたりします。
中には悪質な嘘が書いてある記事に「ふざけんな!」
「嘘つき!」なんていうはてブ

はてブが沢山付いているからと読みに行っても、読まなきゃ良かったという場合が無きにしも有らず。

はてブにネガティブ書き込み

f:id:rarasongjing:20160410043154j:plain
ブログが沢山の人に読まれるのは嬉しいことですけど、世の中には色々な人がいますからブログに厳しい意見を書く人もいます。
間違った漢字や文章を指摘してくる人もいます。

意見は人それぞれ。
間違いは直しましょう。

だけど、嫌がらせや意地悪や悪意のある書き込みがきたらどうしますか?

① スルー
② 反論記事を書く
③ 書いた人を探す
④ 書いた人をブロック
⑤ 仕返し
⑥ 通報
⑦ 謝る
⑧ 他(他に出来ることあるかな)

さぁ、どうする?

私はブログ開設二ヶ月ですから、まだ記事も少ないし、そんなに「はてブ」も付かないんですけど。

初のムッ!書き込みを体験してしまいました。

なんだ!こいつ!

そんな風に思ってしまった「はてブ」があったんですよ(笑)

昨日今日の話しじゃないです、気持ちが落ち着いてからこの件について書こうと思っていましたから。

キーッ!
ムカつく!

あ、落ち着いていないかしら。

スーーっハーーっ、深呼吸。

落ち着きました。

それは、間違いの指摘でも記事への意見でも無い書き込みでした。

どうしてくれようか!

キーッ!

はてブのストーカー

はてブの書き込みにはIDが表示されますよね。
私は③の相手を探すことをしちゃいました。
ストーカーっぽい(笑)

IDをクリック。

こいつはいったい誰だ!
私の記事にムッとする書き込みをする人なら、他の人にもムッとする書き込みをしているんじゃないか?
よしよし、確認してみよう。

IDをクリックすると、その人の書いた「はてブ」が見れるんですよ。
どんな記事に「はてブ」をしているのか、何を書いたのか。
丸見え。

自分の記事に「はてブ」をしていれば、そいつのブログも分かるというもの。
ストーカー化した私はチェック。

あら、まともな書き込みばかり。
おまけに面白い記事ばかりに「はてブ」をつけている。

ちょっと気を良くした私。
ムッとしたけどムムッとしてきました。

その方(そいつからその方へ)は、ブログを書いていないみたいでした。
はてブ」をする人の中にはブログを書いていない人もいますからね。

フーンと思いながら、まだストーカー化している私(しつこい)
今度はIDをググッてみました(爆)
f:id:rarasongjing:20160410043302j:plain
すると驚愕の事実が!

その方は有名なコメンターみたいで、「はてブの面白い書き込み」という様なサイトで取り上げられていたのです。

ヒェェェ。

皆に認められているコメンターなんだ!
この事実を前にして、愕然。

なんなのよっ!
下手したら私が笑われる。
私が未熟者ということかも。

ヤバイ、これは何とかせねば。

有名なコメンターにけなされたという汚点になってしまう。

まとめ

その「はてブ」はね、私の琴線に触れる書き込みだったんですよ。
これが「バカ」とか「つまんない」なら気にせずにスルーをして終わりでした。

流石有名なコメンターというところかな。
まだ私はムッ!としていますから(笑)

ストーカーしたのはその人だけです。
そんな暇人でも無いし。

そして仕返し⑤を考えているところ。
その方に認められる記事を書かねば。
これが仕返し。

あれ以来、その方からの「はてブ」はありません。
読んでくれているのかも分からないです。
読者登録もしてくれていないし。

くそー!

ブログは大分書き方のコツも分かってきました。
いつかリベンジ出来るといいな。

覚えておくがいいわ。


オホホホ


スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com
スポンサーリンク