美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

【ドラマ】美しいと評判の武井咲の黒革の手帳3話VS激ヤセ真木よう子のセシルのもくろみ4話の感想と視聴率と女の戦い!

黒革の手帳1話視聴率11.7%、2話12.3%、3話10.9%です。なんとか2桁キープで上々。
セシルのもくろみは打ち切り危険水域で、1話視聴率5.1%、2話4.5%、3話4.8%、4話4.4%です。5%が打ち切りラインですからヤバい!


両方のドラマ共に女の戦いがあります。
銀座でのし上がる目標の武井咲、モデルで上にいきたい真木よう子


勝負はつきました。
黒革の手帳の勝ち。

武井咲真木よう子も綺麗なんだけど、和服美女と激ヤセガリガリ美女じゃあね。
どっちを観たくなるかは分かるわ。


セシルのもくろみは、吉瀬美智子をもっと出せば良かったのにと思う美女(みめい)です。

黒革の手帳3話レビュー

スポンサーリンク

■目次

 ▶嫌な女役の武井咲
 ▶黒革の手帳の感想
 ▶セシルのもくろみの感想
 ▶まとめ
 

嫌な女役の武井咲


今までの黒革の手帳のヒロインである原口元子は、悪い女ですが憎めない女性でした。
あまりにも美しくて華麗に男を騙すから、憧れの対象だったの。


しかし、今回の武井咲が演じる原口元子は嫌な女だわ。
とにかくお金。


金!金!金!金!金!


3話でも江口洋介が演じる安島富夫に向かって「お金に勝ちたい!」と言っていました。

1億8千万円も横領しておきながら、困っている元上司に百万円さえ渡さない。
横領して左遷されて亡くなった上司の葬式にも行かず、香典も出さない。


お金を掴んだら離さない女


最低じゃないですか。
嫌な女だわ。


黒革の手帳の感想とネタバレ


こんな嫌な女に惚れる男がいますか?
この先、江口洋介がピュアに愛することになるはずですが、無理じゃない?

3話や2話では無理矢理に安島が元子に惹かれる箇所を小出しにしていましたが、キツい!


だいたい黒革の手帳にはイケメンが1人も登場しないのも不思議。
江口洋介は性格が良さそうな役にはピッタリだけど、悪女を好きになる理由が弱いとストーリーが軽くなってしまうわ。


嫌な女からすれば、安島さんを好きになる理由はある!
元子が安島さんに惹かれていくのはいい。


でも、安島さんに元子はちょっと。
悪い女過ぎるわ。
金に汚すぎ。


これを自然にもっていくストーリー展開にすれば、この黒革の手帳は成功だと思います。
元子と安島さんの恋愛シーンは大きな見せ場。


安島さんが全てを捨ててまで元子に惹かれてしまう位の魅力が出せるのか!武井咲ちゃん、頑張れ!











江口洋介がかなりかっこいいと噂になっています。
いい役どころだわ。
武井咲との年齢差もあまり気にならないし。


セシルのもくろみの感想


配役はいい人ばかりを使っているわ。

宮地奈央・・・・・・真木よう子
浜口由華子・・・・・・吉瀬美智子
沖田江里・・・・・・伊藤歩
山上航平・・・・・・金子ノブアキ
小池雅美・・・・・・小野ゆり子
平井早紀・・・・・・石橋けい
登坂千絵・・・・・・伊藤修子
手島レイナ・・・・・・芦名星
安永舞子・・・・・・長谷川京子
安原トモ・・・・・・徳井義実
宮地伸行・・・・・・宇野祥平
宮地宏樹・・・・・・佐藤瑠生亮
森 泰生・・・・・・加藤雅人
黒沢洵子・・・・・・板谷由夏
南城彰・・・・・・リリー・フランキー


黒革の手帳と違ってイケメンや癒し系やらの男性俳優陣。
色気と大人の魅力たっぷりの実力派女優陣。


何故視聴率が悪い?


ストーリー作りが雑
真木よう子が激ヤセでガリガリ
リアル感が無い


真木よう子の男っぽい性格はかっこいいと思うけれど、どうしてモデルになったのかの理由が弱いの。


モデルの役だからダイエットをしたそうですが、痩せ過ぎでしょ。
途中から痩せて欲しかったわ。
あまりにガリガリで、引くレベルです。腕なんか骨だし。


こんな女性はいないでしょ?
埼玉を田舎扱いし過ぎだと話題になりましたが、リュックを背負ったままでレストランの椅子に座りますか?


女同士のドロドロなバトルや、吉瀬美智子の素敵なモデル姿とエンディングはいい出来なのに、勿体ない!


もう少し真木よう子が太っていれば、超可愛いし面白い役なのに残念です。


打ち切りになってしまうかも!
太れ!真木よう子


セシルのもくろみ (光文社文庫)

セシルのもくろみ (光文社文庫)












ストーリーはこれから面白くなりそうな気もするし、打ち切りにならないといいな。


まとめ


黒革の手帳は、やはり原作の面白さがドラマを作りますね。


しかし、私は原作者の松本清張先生を好きになれません。
松本清張作品を何冊か読んだ方なら分かると思いますが、女性を不幸のどん底に落とす小説なんですよ。


私は、松本清張先生と会ったことがある人から聞いたことがあるのですが、あの先生は若い頃容姿にコンプレックスがあり、モテなかったそうです。
その復讐から女性を恨んで不幸にする小説を量産したとか。


それに比べてイケメンだと評判の作家である渡辺淳一先生の小説は、美しい女性を官能的に描きますよね。


私の好きな黒岩重吾先生もモテまくり作家さんでしたが、非常に美しい女性を魅力たっぷりに描きます。


松本清張めっ!
不細工だったからって、ラストで女性を不幸のどん底に落とす小説ばかり書きやがって!
許せん。


オホホホホ


rarasongjing.hatenablog.com

スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com