美女が書く笑えるブログ

高度な笑いの追求をしています

スポンサーリンク

人類にはまだ早い香水のキャッチコピーの面白さ

言葉で説明するのが難しい品物ってありますよね。
あまりにぶっ飛んでいるキャッチコピーを見つけた感想がこれ。
人類にはまだ早い(笑)
特に香水の説明ですね。
意味不明過ぎて、美女(みめい)は逆に欲しくなりました。
このキャッチコピーを読んで、「いったいこれは何?」と思うこと請け合い。
f:id:rarasongjing:20170212142444j:plain

買いたくなるキャッチコピー

スポンサーリンク

■目次

 ▶人類にはまだ早いキャッチコピー
 ▶香水のつけ方はくぐる
 ▶お金の匂い香水
 ▶まとめ
 

人類にはまだ早いキャッチコピー

個人的に1番気が狂っているぶっ飛んでいると思ったキャッチコピーから取り上げていきましょう。
香水のキャッチコピーです。


アマゾン川のほとりのレモンの木の下で、カイピリーニャを楽しむひと時を思わせる香り


どんな香りよっ!


何故アマゾン川のほとり?
アマゾン川のほとりにレモンの木があるのでしょうか。
カイピリーニャって何!


突っ込みどころがあり過ぎて、血圧が上がりそう。
でも、その香りを嗅いでみたい。
これはゲランの香水です。



摩訶不思議なコスメのキャッチコピーというならここ。
アナスイです。

禁断の香り。
スキャンダラスな世界へ誘うソフトでフェミニンな香り。


禁断の香りですよ。
それなのにフェミニン。
想像できません。
だけど、スキャンダラスな世界へ誘われたい!


夢見た私を超えていく
夢に生きる女性を讃えるフレグランス


これはリブユアオードトワレ。
夢を見た私を超えるんです、夢を超えちゃうんです。



退屈を揺るがす香り


これはロックミー!オードトワレ。
退屈なんかできなくなる香りですよ?
忙しくなりそう。



アナスイのキャッチコピーには気持ちを揺るがされます。
何なの、この説明はっ!


アナスイ気が狂っている理解出来ないキャッチコピーは独特。

2017年のテーマは罠!


キャーッ!


罠ですよ。
ワナスイ(笑)
これがワナスイじゃなかった、アナスイの2017年キャッチコピー。


可憐な花々
甘い香り
魅惑の輝き
誘われるまま ミステリアスなガーデンに
一歩 また一歩
見つけたのは 甘美な中に潜むビターな毒
罠かもしれない
だけど
夢中にならずにはいられない


紫色の蝶々がシンボルマークの毒々しいアナスイにピッタリ。
でも気になります。
どんなコスメよっ!


次にいきましょう。


永遠に輝く美しい一瞬をたくさんの花々で表現、この世でもっとも透明で可憐な香り


この世でもっとも透明な香りですよ?


ジルスチュアートのクリスタルブルームです。
この世でもっとも透明というからには、宇宙レベルでしょうか?
透明な香りって無臭じゃないのかな。
透明で可憐な香りを嗅ぎたくてたまらない。



次はジミーチュウ。

現状を打ち破ることを恐れずに、自らの運命を切り拓く自信あふれる女性のスピリットを体現した香り


女性のスピリットを体現した香りが分かりません。



挑発的だけどうっとりする香りらしいですが、さっぱりです。


香水の説明って難しいと思いますが、スキャンダラスな香りや透明な香りとか言われても困る。
困るけど気になります。

全部欲しくなるー!


香水のつけ方はくぐる

脈打つところに香水を1滴というつけ方は、古くなりました。

今はね、香水を上に撒いて、その下をくぐるのが良いとされています。

香水はくぐる!
新しいつけ方です。

手首に香水をつけていた人、片方の手首だけにつけて、もう片方で擦り合わせたりしていませんか?
香水の粒子が壊れるのでダメです。

また、香水は下から上に香りますから膝小僧の裏などにつけるのも有り。

つけ過ぎは禁物です。

お金の匂いがする香水

ドラマや小説みたいですよね。

「あの女、金の匂いがする」

などと言われてみたいような、言われたくないような。

金の匂いがする男性はモテるかもよ。
お金に敏感な女性って多いし(笑)

更にこの香水をつけていると、自信が出てきてお金が貯まるらしい(未確認情報)です。
お金はお金の匂いに集まってくるのかも(眉唾)しれません。

テレビでも話題になりました。
一瓶でシュレッダーされたお札500ドル分の匂いが楽しめるというこの香水、その名も「money」

なんとあのマイクロソフト社営業部門の副社長が開発。
お金の香水なのに値段も安い。

まとめ

香水だけじゃなくて、コスメのキャッチコピーって意味不明なものが沢山あります。

意味不明なんだけど魅惑的。

人類にはまだ早いレベルのキャッチコピーだから魅力があるのかな。
想像すらできないしろものですよ。

きっと一流のコピーライターが考えているんだろうな。


甘美な中に潜むビターな毒罠

甘いのか、苦いのか分からない罠でございます。
毒です。

そんな罠にホイホイ引っかかる美しくなりたい女性達。

そして罠が罠を仕掛けて男性を仕留めるんですね。


オホホホホ


rarasongjing.hatenablog.com
スポンサーリンク


rarasongjing.hatenablog.com
rarasongjing.hatenablog.com